「届けたいのは 地の味と力、会津テロワール」

昨日と今日と…

色々今の仕事に関して考える出来事がありました。

有機認証の農薬使えば野菜の病気や虫対策もまだ何とか対策出来るのに…

肥料バンバンまけばもっと大きく育つのに… あれやこれや心折れそうな今日この頃💦

さて、私達は何がしたいのだろうか?

この4年間で学んだ事。

1番しっくり来て納得出来てお味も心に響く…旦那の研修先であった 人と種をつなぐ会津伝統野菜 会長 長谷川純一氏が自然栽培方法として 酒粕堆肥 を利用している事。

「田からでた米を田に返す」

私達は「会津の地の味や力」を届けたい。

農薬化学肥料は使わず、なるべく会津産の肥料(酒粕など)を使って居ます。

土地は全て遊休農地です。大体痩せているし条件はあんまりよくありません💦

小さな中古トラクター🚜を今年から使って居ます。後はほぼ人力💦

水撒きも半日かかります…

四年目なのにまだまだ失敗ばかりです。

でもね… 胸を張って言える事は!

「うちの野菜は美味しい」

なんでも小さめですが💦

こんなに痩せた土地で、

草に揉まれても強くしっかりと根付いた野菜やハーブは本当に美味しいのです。

まさに「会津テロワール」

沢山の方々に届けたい。

まだ届け方も試行錯誤中。

ちょっと挫けそうになってますが何となくわかって来た農業と言うもの。

もう一踏ん張り!

応援宜しくお願いしますm(_ _)m

#無農薬野菜#ハーブ#リオリコ堂#会津#持続可能な社会

リオリコ堂

届けたいのは地の味と力「会津テロワール」 会津盆地の真ん中辺り、阿賀川沿いの小さな農園。  農薬化学肥料「不使用」酒粕等を使った土づくりで  会津の薬草や伝統野菜の栽培、加工、販売をしてます。

0コメント

  • 1000 / 1000